最近、Amazon輸出(アマゾン輸出)というビジネスを知りました。

まだ始めてはいませんが、今いろいろと調べています。

必要な作業としては、海外のAmazonに出品しておいて売れたら発送すれば良いみたいです。

FBAというやり方では、先に商品を海外のAmazonに送っておく必要がありますが、資金が少ない最初の段階では、売れてから発送する「無在庫販売」という手法でもやっていけるみたいです。

重要な作業は、海外で販売して利益が取れそうな商品を探す「リサーチ」。

リサーチした商品の出品。

出品した後で、日本の仕入れ値の上下によって利益が変わったり、日本で仕入れられない商品をチェックしたりする「メンテナンス」。

売れたときの海外への発送。

あたりでしょうか。

Amazon輸出 ツール

Amazon輸出はツールがないと厳しそうです。

海外Amazonの管理画面(セラーセントラル)も英語ですし、日本語で扱えるツールがないと稼げないと思います。

Amazon輸出で稼ぐ為にはツールを使うことは必須です。

でも、Amazon輸出のツールは調べてみると本当にいろいろありますね。

なかでも気になったのは「rezooX(リズーエックス)」というツールです。

日高宗則 rezooX

日高宗則さんが開発・販売しているのがAmazon輸出のツール「rezooX(リズーエックス)」です。

※いつからかわかりませんが、日高宗則さん個人の販売から、株式会社ウェブノワの開発・販売に変わっていました。

このツールは、

  • 商品リサーチ
  • リサーチからの出品
  • 出品した後のメンテナンス
  • 赤字商品のチェック
  • 日本に在庫がなくなったら海外の出品を自動で取り下げ

といった便利な機能があります。

http://x55.biz/itx.html

 

rezooXは14日間無料で使えるようですので、とりあえず試しに使ってみようと思います。

日高宗則さんのFacebook

 

 

映画「アナと雪の女王」が大人気なのは今更言うまでもありません。

興行成績も歴代の6位に入ってきましたし、老若男女年代性別問わずに人気の映画になっています。

かくいう私も映画にハマって、2Dを2回、3Dを1回観に行きました。

見る度にいろんな部分が見えてきて、本当に細部まで作りこまれた映画だなと思います。

私は通勤時などにスマホでゲームをするのが好きなのですが、なんとアナと雪の女王にもスマホ用のゲームアプリがあったんです。

ゲームの名前は「アナと雪の女王 Free Fall」と言います。

iPhoneでもAndroidでもプレイできます。

無料といいつつアプリ内課金なので注意が必要ですが、そこはやはりステージを進めて行くとどんどん難しくなって課金アイテムがないとかなり難しくなってきます。

一旦課金してしまうと雪崩のように壁が崩れてどんどん課金してしまいそうなので、今のところはセーブしていますが、とある方法を使って課金アイテムをゲットしてステージ100までクリアしました。

とある方法とはこのサイトに書いてありました。

⇒ アナと雪の女王 Free Fall 攻略

ポイントサイトに登録することで、お金を使わなくても課金アイテムをゲットできる方法が書いてありました。

これで2万円近くのポイントをゲットできたので、これはオススメの情報でしたね。

このサイトの管理者さんもおそらくアナと雪の女王が大好きなんだと思います。

ステージ1つ1つに名前を付けていますが、これは映画をしっかり観ていないと書けません。他のサイトから引用したのかと思って調べてみましたが、他にそんなサイトはありませんでした。

攻略内容もとても参考になりますので、オススメですね。

お金を使わないで課金アイテムをゲットしたい方はチェックしてみてください。

私もどんどんステージを進めて、ラストステージまでクリアしたいと思います。

今のところは195ステージあるそうです。

やっと100ステージをクリアしたのに、まだ半分過ぎたくらいですね・・・

このサイトを観ながら引き続きがんばってクリアしていきたいと思います。

リトライを駆使するのはなかなか根気がいる操作ですが、攻略の為には致し方なしですね。

⇒ アナと雪の女王 FreeFall 攻略

ひと昔前は、家電を買うのは、地元にある電気屋さんでした。

その後、大型の家電店が数多くオープンし、

地域の電気屋さんは徐々に姿を消して行きました。

生き残るとしたら、販売では大手と戦えないので、

修理でしょうか。

大手家電店に修理を頼むと当然ながらメーカー修理になり、

家電店も手数料を取るので修理代が高くなります。

修理の出来る地元の電気屋さんは、

メーカーに頼まなくても自分で修理が出来るので、

自分ちの近くで安く修理が出来るんであれば、

そこに頼みますよね。

新品を買うお金がなかったり、

長く使っていて愛着があるから、

是非この製品を修理して使い続けたい

といった場合はやはり安く修理してくれる

電気屋さんがあれば便利だし、うれしいですよね。

そんな話題の中、

修理を40年以上やっている地元密着型の電気屋さんがあります。

山口県の下関市にある「ヒダカ電器」です。

40年以上ってすごいですね。

かなりの老舗?ですよね。

宅配修理もやってるみたいなので、

壊れたままになってるビデオデッキを頼んでみようかな?

⇒ ヒダカ電器(山口県下関市)